永代供養は遠方に住んでいるなどでお墓参りできない人やお墓参りしてくれる人がいない場合、親族に変わってお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしているお墓のことを指します。


独身の方に人気があります。

一般的に様々な方と合同で同じ納骨堂に置かれるため、合祀墓や合同墓、共同墓、合葬式納骨堂とも呼ばれています。
永代供養は個人のお墓でなければ費用はあまりかかりません。宗教や宗派もどのようなものでも構わないところが多く、檀家になる必要はありません。

3回忌や7回忌などの回忌祭なども行ってくれます。
お彼岸の際にも管理をしてくれるので、遠方の場合は安心できます。
永代供養の気を付ける点は合祀の場合、ほかの方の骨も一緒となるので取り出すことはできません。

複数の方と一緒になるのであらかじめ、親族の了解を得る必要があります。



お寺によっては何年かは別々に安置し、その後合祀になる場合もあります。

ロケットニュース24の口コミ情報を参考にしよう。

いずれにしても今までのお墓の概念ではないので、気を付けるようにします。


その他に気を付ける点はお寺選びです。

今までに培ったノウハウを活かし、埼玉の永代供養技術のご紹介です。

万が一お寺の後継ぎがいなくなった場合は寺院閉鎖の可能性もあり、永代供養墓の行方がわからなくなります。

どういったところが安心か事前に調べておくようにします。

永代供養はお墓の管理をしなくてよいので残された親族に迷惑をかけることはありません。
また後継ぎの心配をする必要もありません。
ですが、注目されたばかりで周りの理解が得られないこともあるので事前に話し合うようにします。